大阪フリーランスの契約内容の注意

大阪でフリーランスに転身し、「やっと、クライアントとの仕事が決まった」と安心している方もいると思います。一つでも仕事が決まれば、やはり安心ですよね。もちろん、これではまだまだ軌道に乗ったとは言えませんが、とりあえずは「仕事が出来る」と安心している方もいるでしょう。「これから、クライアントとの契約の予定がある」という方もいると思いますが、そんな方は契約時に注意すべき点があるのをご存知でしょうか?

では、大阪フリーランスの契約内容の注意について、ご紹介しましょう。まず、クライアントと契約をする際には、契約書を交わすことになりますよね。その際、「仕事が決まった」という喜びから、あまり内容などを確認しない方も多くいます。しかし、これでは後々トラブルへと発展してしまう可能性があります。トラブルを回避するためには、やはり契約前に契約内容をしっかりと確認しておくことが必要です。特に、何処までの仕事を任されたのか、責任はどこまでの範囲となっているのか、瑕疵担保責任はあるのか、納期、報酬額などもしっかりと確認しておくことが必要となります。不明確なまま契約を結んでしまった場合、仕事がスタートしてから仕様の変更依頼をされるなどして、仕事が納期に間に合わなくなり、トラブルに発展してしまう可能性もあります。クライアントによっては、次から次へと新たな依頼をしてくるところもありますから、こういったことが出来る契約内容なのかも確認しておくことで、トラブルを防ぐことが出来るでしょう。

初めての仕事を請ける際には、特別な気持ちになると思いますが、契約は冷静に進めていくことが大切です。これが、フリーランスとして自分を守る方法の一つでもあるのです。
大阪フリーランスの方で、これからクライアントの契約予定がある方は、契約書の内容をしっかりと確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です